浮気が離婚原因の場合、回避できます

こんにちは、旦那さんの浮気を解決して、あなたを愛され妻にする「夫の浮気相談室」の金田秀子です。

 

離婚原因にはいろいろありますが、浮気が原因の場合、浮気をされている妻の側の行動の仕方で離婚を回避することができます。

 

 

旦那さんにDV、モラハラ、浪費癖などがある場合、妻のあなたが変えさせるのはかなり厳しいです。

 

離婚原因のトップである性格の不一致は、お互いに歩み寄るのをやめている状態ですので、これもあなただけで何とかするのは厳しいですね。

 

 

じつは夫婦の性格は、結婚当初から不一致なのです。

 

もともと性格や価値観が近い夫婦もいるかもしれませんが、ほとんどの場合、性格も価値観も違うものです。

 

でも、相手が大好きだから、自分と違う性格や価値観に合わせることができて、受け入れることができたのです。

 

ですから不一致というより、「歩み寄る原動力である愛情がなくなった」と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

 

なくなった愛情を再び生み出すのは、かなりたいへん。

 

 

しかし旦那さんの浮気は、妻が行動を変えるといつの間にかフェードアウトすることが、結構あります。

 

「離婚してくれ」と言っていた旦那さんの口から、二度と「離婚」という言葉が出なくなるのです。

 

 

旦那さんのDV、モラハラ、浪費癖は、あなたが原因で起きているわけではありません。

 

しかし浮気は元をただすと、ほとんどの場合、夫婦の不和が原因です。あなたが関わっているのです。

 

関わっているのですから、変えることができるわけです。

 

 

浮気の場合、お互いの愛情が無くなったわけではありません。

 

旦那さんが愛されていないと感じただけです。

 

二人の愛情を掘り起こして正しい方向に向けてあげたら、ラブラブな夫婦になれるのです。

 

 

たとえば、姉さん女房のあなたは、日ごろから上から目線でものを言い、「ああしたほうが良い、こうしたほうが良い」と正論を吐き、自分の思い通りの家庭を作ろうとしていたとします。

 

そうすると旦那さんは、プライドが傷つき、自由がない、認められない、ひいては愛されていないと感じるもの。

 

こんなときに、いつもニコニコして自分の考えや行動を尊重してくれる甘え上手な女性が現れたらどうでしょう。

 

ふっと身も心も奪われてしまうのは仕方ないかもしれませんね。

 

 

旦那さんの浮気が原因の場合、離婚を進める前に、少し立ち止まってください。

 

夫婦関係の修復を十分やってみて、「やっぱり離婚しかないわ」と思ってから、離婚の道を進んでも遅くないです。

 

 

☆旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。

よく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事