浮気している旦那がメールの返信をくれないとき

こんにちは、旦那さんの浮気を解決して、あなたを愛され妻にする「夫の浮気相談室」の金田秀子です。

 

コミュニケーションで大事なことは、自分の思っていることが相手にきちんと伝わることです。

 

でも深く考えないと、違う思いが伝わっちゃっていることがあります。

 

 

たとえば、浮気している旦那さんがメールの返信をくれないとき。

 

返信がないまま帰宅してきた旦那さんに、こんなことを言っていませんか?

 

なんでメールの返信くれないのよ!」

 

これを言われると、旦那さんは責められていると感じます。そして、たいてい逆切れします。

 

あなたの本当の思いは、返信できなかった理由を知りたいのではなかったはず。

 

ちょっとは旦那さんを責めたい気持ちもあったかもしれませんが、本当に伝えたいのは、返信が来なくて「残念だった」「がっかりした」「不安だった」「悲しかった」ではありませんか?

 

 

「返信なかったから、ちょっと悲しかったな~」

 

こんな風な伝え方だったら、旦那さんの反応は違いますね。

 

 

相手にちゃんと伝わって初めて、コミュニケーションは成立したことになります。

 

誤解されるような伝え方、あるいは伝えたつもりは、ダメなのです。

 

 

使う言葉の選び方を少し工夫するだけで、二人の関係は徐々に良くなっていきますよ。

 

 

☆旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事