旦那の浮気が発覚したらやるべきこと

 

こんにちは、旦那さんの浮気を解決して、あなたを愛され妻にする「夫の浮気相談室」の金田秀子です。

 

「旦那さんの浮気が発覚した!」

 

このときのあなたのショックは、とてもとても大きかったのではありませんか?

 

私にとっては、人生最悪の出来事でしたので、当然のように大きなショックを受けました。これまでの人生で味わったのことのない体の感覚を感じたのを、何十年もたった今でもはっきりと覚えています。血が逆流したような、電気が走ったような、一瞬にして激震が走ったのです。

 

「夫の浮気なんて小説やドラマのことで、そんなことが自分の人生に起きるはずがない」

 

子どもの頃から平穏無事な生活を送っていた私は、心からそう思っていたのです。もしこのショックを受けた状態で、感情のまま行動すると、あなたの望んでいないとんでもない結果になってしまいます。

 

ここで今一度、旦那さんの浮気が発覚したら何をすべきか、冷静になって考えてみましょうね。

 

この記事は、浮気が発覚したけど、「絶対に仲のいい夫婦になる」と思っているあなたが読んでくださるとうれしいです。「旦那さんを懲らしめたい」「すぐに離婚してやる」と思っているのでしたら、ぜひ他のブログを参考になさってください。

 

では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

心を落ち着ける

何かを決めるとき、心の状態がネガティブでは、正しい判断はできません。大事な判断をするときは、正しい判断ができるぐらい、心を落ち着けてくださいね。これが後悔しないやり方です。

 

湧き上がってくる怒りや悲しみや不安をすっかり取り去ることはできませんが、やわらげることはできます。

 

それにはやり方があります。一番簡単にできる方法はこれ。ネガティブな感情は、何かと一緒に体の外に出してしまうのです。

 

 

言葉に出す

ネガティブな感情は、言葉と一緒に外に出します。今、旦那さんに言いたいことは沢山あるはずです。

 

「何やってんのよ!」

「裏切ったのね!」

「許せない!」

「うそつき!」

「私は何なの?!」

 

それを言葉に出してください。旦那さんを思いっきり責めちゃっていいです。

 

ただし、言葉に出すといっても、旦那さんにぶつけてはいけませんよ。誰もいない部屋で、目の前に旦那さんがいると想定して、言いたいことを思いっきりぶちまけてください。

 

 

涙を流す

ネガティブな感情は、涙と一緒に外に出します。涙を流しましょうと言われなくても、今は涙がいくらでも流れてきますね。

 

涙は抑えなくていいですよ。

泣きたいだけ泣いてください。

しかし、人前では泣かないように。

 

特に旦那さんの前で泣いてはいけません。

 

中には、あなたの涙を見て、「悪いことをした」と後悔する旦那さんもいるかもしれませんが、ほとんどの旦那さんはあなたの涙に心を動かされません。残念ながら、今はあなたを思いやる気持ちに蓋をしていますので。一人のときに思いっきり泣いてくださいね。

 

 

紙に書く

ネガティブな感情は、文字と一緒に外に出します。旦那さんに伝えたいことを全部紙に書いてください。

 

悪口でも、罵詈雑言でも何でもいいですよ。言いたいことは全部書いて吐き出します。そして、ここからが大事。

 

書いた紙は、破いて捨てます。誰にも見られないようにね。

 

 

大声を出す

ネガティブな感情は、声と一緒に外に出します。大声を出してください。

 

しかし、これは場所を選びますね。

 

今は一人カラオケができるところが沢山あります。カラオケボックスで、大好きな歌を大声で歌ってください。私の時代はカラオケボックスなんてありませんでした。そこで何をしたかというと、車の中です。車の中は、音が漏れにくくなっています。一人で運転しているときに好きな歌を大声で歌ったり、信号で停止したら、意味もなく叫んでみたりしたものです。

 

 

物を壊す

ネガティブな感情は、力と一緒に外に出します。

 

力いっぱいグラスやお皿を割ってください。と言っても、旦那さんが大切にしているものを割っちゃだめですよ。もう使わないものとか、100均で買ったものがいいですね。

 

後片付けが楽なように、ビニールに入れて飛び散らないようにするのがコツです。

 

 

汗をかく

ネガティブな感情は、汗と一緒に外に出します。スポーツをしたり、半身浴やサウナで汗をいっぱいかいてください。これらのことをすると、相当スッキリしますよ。

 

全部やる必要はありません。あなたの好きな方法でいいですよ。あるいは、あなたオリジナルのスッキリする方法を考え出すのもいいですね。

 

あなたの怒りや悲しみや不安は、できるだけ小さくして、自分らしさを取り戻してから、何をすべきかじっくりと考えていきましょうね。

 

 

離婚か修復か

行き先を決める

物事を進めていくのに、行き先を決めずに進めるなんてもってのほかです。ほかの事ではちゃんとやっているのに、人生を左右するぐらい大事な浮気解決のときに限って、行き先を決めない人は沢山います。

 

浮気を解決するとき、行き先は大きく分けて二つ。離婚か修復です。離婚をするのと修復するのでは、これからするべきことが違います。これを曖昧にしたまま進んでいってしまうと、うまくいかないのは当然ですね。

 

さて、ここでどちらにするか決めましょう。ここは、たっぷりと時間をとってくださいね。急ぐ必要はありません。

 

自分とじっくりと向き合って、自分の気持ちを正直に受け取ってください。「私の明るい未来に旦那さんは必要ない」と感じたら、離婚に進むのもいいでしょう。

 

「今浮気していたってやっぱり旦那さんが好き」と感じたら、修復に進みましょう。

 

離婚したいのか修復したいのか分からないことがあります。自分の気持ちがよく分からなかったら、あわてて決断しなくていいですよ。

 

現状があまりにも苦しいので、自分の本当の気持ちに蓋をしているのです。こんなときは、自分の奥底にある感情を掘り起こす作業が必要になります。一人では難しかったら、カウンセラーがお手伝いしますよ。

 

場合によっては、「旦那さんが好き」という強い思いは沸きあがらないけど、離婚できない事情があるということがあります。経済的な問題とか、子どもの問題とか。離婚を選ばないのであれば、行き先はやはり修復です。

 

「修復と決めたら、修復の行動をする」この筋を通す事が大事です。

 

残念なのは、本心は仲のいい夫婦になりたいのに、「こんな状況じゃムリ!」と現状だけを見て、修復をあきらめて離婚を選択してしまう人。これはもったいないですね。

 

無理かどうかは、やってみなくては分かりません。ほとんどの人があきらめてしまうような状況から、幸せをつかんだ相談者は実際にいますよ。

 

離婚を選択するときは、「離婚したら新しい幸せが得られる」と思えたときがいいですね。辛さから逃げるための離婚は、この先にあるはずの幸せに悪い影響を与えてしまいます。

 

考えても考えても、どっちを選んだらいいか分からないときは、修復を選んでください。

修復を試みた結果、「やっぱり離婚だわ」と選択を変えることはできます。しかし、離婚を選んでおいて、「やっぱり修復だわ」は相当難しいですのでね。

 

 

行き先と方法を一致させる

浮気を解決しようとするときに、多くの人がやってしまいがちな行動があります。それは、旦那さんと仲良くなりたいのに、ますます嫌われる行動をとってしまうこと。証拠を突きつけて責めたり、制裁を加えたりします。

 

悪いことをしている人に、「こんな悪いことをしているのだからやめなさい」と言う。

悪いことをしている人は罰を受けるべきと考える。

 

これは、正論かもしれません。しかし、あなたの正論を押し付けると、人の心はますます離れていきます。

 

行き先は、仲良し夫婦ですね。そうしたら、方法は仲良くなるための行動です。普段でしたら、誰かと仲良くなりたかったら、ニコニコして優しくしますね。決して、相手の悪いところをピックアップして懲らしめようなんて思わないはず。

 

旦那さんも同じです。旦那さんと仲良くなりたいのなら、どうやったら仲良くなれるのかを沢山考えてくださいね。

 

 

浮気の原因を探る

物事を解決するには、まず原因を探ってそれを取り除く必要がありますね。では、旦那さんがなぜ浮気をしたのか、原因を見つめていきましょう。

 

 

夫の側の原因

「なんで旦那さんは浮気をしたのでしょうか?」こう質問すると、こんな答えが返ってくることがあります。

 

旦那さんが女好きだから

旦那さんの職場は女性が多いから

旦那さんのお父さんも浮気をしていたから

旦那さんが寂しがりやだから

 

確かに、こんな理由もあるかもしれません。でもこれは、原因のごくごく一部です。

 

旦那さんの浮気の場合、ほとんどの人は旦那さんの原因ばかりに目を向けてしまうもの。しかし、それだけが原因ではありません。

 

当相談室に来る方の原因は、夫婦関係の不和です。旦那さんが浮気を始める以前から、夫婦関係は良好ではなかったはず。もし良好だったとしたら、あなたは良好だと思っていたけど、旦那さんはそう思っていなかったと考えられます。

 

夫婦関係は二人が作り上げるもの。不和だったとしたら、旦那さんだけでなくあなたにも原因があるはずです。

 

「浮気をされて辛いのは私なのに、なぜ私が悪いの?」

 

こんな風に、理不尽と思うかもしれません。しかし、胸に手を当てて思い起こしてください。あなた側の原因も沢山出てきませんか?

 

 

妻の側の原因

さて、それではあなたの側の原因を考えてみましょう。

 

浮気されて相談室に来る妻たちの原因は、大きく分けると3つになります。

 

1) 旦那さんを放ったらかしにした

2) 旦那さんを支配した

3) 旦那さんが引いてしまう行動をした

 

具体的に見ていきましょう。

 

 

1) 旦那さんを放ったらかしにした

 

結婚生活が長くなると、「旦那さんはいるのが当たり前」になり、つい愛情表現を怠ってしまうことがあります。

 

新婚時代は、玄関で「いってらっしゃい」のハグやキスをしていたのに、玄関で見送ることをしなくなった。子どもが最優先、あるいは仕事が最優先で、旦那さんは二の次。旦那さんからの誘いを断り続けた。この最たるものはセックスの拒否です。

 

仕事、家事、育児にへとへとになって、ようやくベッドに横になったとたんに旦那さんに誘われたら、思わずきつい言葉で断ってしまうかもしれません。あなたは旦那さんが嫌いになったわけではなくても、セックスを断られると、旦那さんはとても傷つきます。「愛されていない」と感じることでしょう。

 

こんなことの積み重ねは、旦那さんの心を外の女性に向かわせてしまいます。

 

 

2) 旦那さんを支配した

 

「支配」と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、旦那さんの行動にいちいち口を出すこと、これは立派な「支配」なのです。

 

ではなぜ、支配してしまうのでしょうか?

 

べつに旦那さんを下に見たいと思っているわけではなく、「自分がこのやり方で幸せなのだから、旦那さんもこのやり方をすれば幸せになれる」と信じているのです。愛情から出た行為でもあるのです。

 

「支配」が強い妻は、

 

旦那さんの自由を奪う

旦那さんのすることに駄目出しをする

旦那さんの言葉を否定する

 

これらを日常的にしていると、旦那さんの心は、あなたを拒否します。

 

相談者の中で一番多い原因は、じつはこの「支配」です。あなたがやっている旦那さんへの親切な行動は、おせっかいを通り越して、「支配」になっていませんか?

 

 

3) 旦那さんが引いてしまう行動をした

 

これは旦那さんと直接関わることではありませんが、あなたの行動を見て、旦那さんはあなたの人間性を疑ってしまうことがあります。

 

たとえば、人の悪口を言ったり、人に横柄な態度をとったりすること。一番ありがちで、もっとも旦那さんの心が離れていく行動は、子どもを感情的に叱ることです。

 

子育て中、子どもを叱らなければいけないシーンは、しょっちゅうあります。しかし多くの場合、叱っているのかイライラした気持ちをぶつけているのか分からなくなっているもの。

 

以前、デパートのトイレでこんなシーンを見かけたことがあります。

 

3~4歳ぐらいの坊やが、トイレに到着する前にお漏らしをしてしまいました。母親は「何で早く言わなかったの!もっと早く言いなさい!」とかなり強い口調で叱りました。母親の強い口調だけでなく、自分に対する自責の念もあったのでしょう、坊やは泣き出してしまいました。

 

すると「泣くんじゃない!」と、母親はさらに強い口調とともに、坊やのお尻をたたきました。当然、坊やはさらに大きな声で泣き出しました。

 

この後はご想像にお任せします。母親がヒステリックに怒る声は、とても耳障りなもの。それと同時に、周りの人はものすごくいたたまれない気持ちになるもの。

 

この母親はおそらく旦那さんの前でも同じことをしているでしょう。日常的にこんなシーンを見せられる旦那さんはどんな気持ちを抱くでしょうか?

 

実は私の一番の原因はこれでした。2歳違いの男の子を育てていた私は、声も大きいし、しょっちゅう主人の前で平気で怒鳴っていました。子育て中は、いつも疲れているし、好きなことはできないし、予定通りにいかないことばかりで、いつもイライラしていました。堪忍袋の尾はすぐに切れる状態だったのです。

 

そして、「子育て中は仕方ない」と開き直っていたのです。主人がどんな思いをしているかなんて、微塵も考えずに。

 

「子どもを怒鳴る」相談者の中でこれをやっている人も、とても多いですよ。

 

 

どんな行動をするか決める

さあ、原因を見つけたら、改善していきましょう。その前にひとつ気をつけていただきたいことがあります。それは「過去にとらわれないこと」。

 

過去にとらわれない

原因を見つけるために過去を振り返りますが、過去にとらわれ過ぎないでくださいね。反省して次につなげるために、過去を振り返っただけです。原因が明確になったら、過去に目を向けるのはもう十分です。さっさと引き上げてくださいね。

 

これをしないで、いつまでも過去の悪かったことに目を向けていると、後悔の念しか沸いてきません。その結果、「もう無理だわ」となってしまいます。原因が分かったら、現在と未来に意識を移してください。

 

相談者の中には、浮気解決が進んであと少しで卒業というのに、浮気が発覚したときに旦那さんに言われた「離婚したい」をいつまでも引きずっている人がいます。「離婚したい」は相当インパクトの強い言葉ですから、引きずる気持ちも分からなくもないです。

 

しかし、その言葉を発した時と今では、夫婦関係は明らかに違います。ものすごく良くなりました。あの時は離婚したかったのです。でも、今は離婚なんて考えていないはず。悪い現実も受け取る必要がありますが、良い現実もしっかりと受け止めなくてはね。

 

過去を一点で切り取って、いつまでも持ち続けると、人生をより良くする邪魔になります。過去は反省したら、そっとしまっておいて下さいね。

 

 

未来に向かって行動する

これからあなたが考えるべきことは、次のことだけでいいです。

 

「自分が欲しい未来を得るために今何をするか?」

 

旦那さんと仲良くなるには、何をしたらいいかを真剣に考えてください。

 

たとえば、旦那さんの話を全然聞かなかったのなら、旦那さんの話を聞く。自分の考えを押し付けていたのなら、旦那さんの意見を尊重する。子どもが最優先だったのなら、旦那さんを一番に考える。

 

あなたが欲しい未来にあなたを連れて行ってくれる行動を考えてくださいね。前にも言いましたが、これはだめですよ。

 

「旦那さんの職場は女性が多いから、女性がいない職場に転勤してもらう」

 

この記事を読み進めているあなたには、ご理解いただけますね。

 

 

目標を決める

すでに離婚か修復か、行き先を決めました。今度は、具体的にどうなりたいのかを決めます。

 

未来に意識を向ける

浮気が発覚したとき、頭の中は、ついつい目の前で起きている辛い現実ばかりに目が向くものです。

 

今夜も浮気相手と会っている

私はこんなにつらい思いをしているのに、あの人たちは楽しんでいる

返事をしてくれない

暴言を吐く

冷たいさげすむような目で見る

 

こればかりを見てしまうと、旦那さんを責めたくなるのは当然です。先ほど過去に目を向けましたね。そして、自分の反省点をピックアップして、「自分が欲しい未来を得るために今何をするか?」考えることにしました。

 

今度は、修復した先にあるものに目を向けましょう。あなたはどんな未来が欲しいですか?

 

 

目標を決める

では、実際に目標を決めましょう。

 

「あなたは1年後に旦那さんと何をしていたら、幸せだなと感じますか?」

 

たとえば、

 

家族でディズニーランドで乗り物の行列に並んでいる

ハワイのビーチを旦那さんと手をつないで歩いている

温泉の露天風呂に旦那さんと二人で入っている

「今はとても無理!」というような目標でいいですよ。

 

 

目標を明確にすると

なぜ目標を常に意識していないといけないのでしょうか?目標を明確にしていると、あなたの行動がぶれないのです。

 

現状は辛いことばかりで、心が折れそうになります。昨日は旦那さんにやさしくできたけど、今日は気分が上がらなくて投げやりな態度をとってしまった。こんなことを続けていると、旦那さんはあなたの何を信じていいのか分からなくなってしまいます。

 

「旦那さんと仲のいい夫婦になる」

 

こう決めたら、一貫した行動に徹してください。目標を意識して一貫した行動をする、これが心の軸が通った人です。

 

 

旦那さんに愛情を注ぐ

行動する

いよいよ旦那さんに対して行動するときです。ここで少し立ち止まって、これまでのおさらいをしましょう。

 

まず、自分の心を落ち着けることをしました。

そして、離婚なのか修復なのか、行き先を決めました。

浮気の原因を探りました。あなたの側の原因をね。

これまでの行動を改める行動は何かを考えました。

心の軸を作るために、目標を決めました。

 

さあ、いよいよ行動するときです。旦那さんに愛情を注ぎましょう。

 

 

浮気解決とは恋愛すること

私は、浮気解決とは、改めて恋愛をすることだと思っています。

 

恋愛の始まりのとき、気になる男性に対して、最初はにっこり笑顔で会釈しますね。声をかけて、彼が話しやすい話題を選んで会話をしますね。

 

次にデートに誘って、楽しい時間を共有しますね。

 

こんな風に段階を踏んで、少しずつ少しずつ関係を深めていきます。決して初対面の人に「あなたが大好きです。さあホテルに行きましょう」なんて言いません。

 

浮気解決も同じです。順を追って、旦那さんとの関係を深めていきましょう。

 

 

自分を癒す

浮気解決はタフな心が必要です。

体力も必要です。

 

ですので、心も体も整えてください。

 

そのためには、自分を癒してくださいね。

 

好きなことをする時間を持ったり、美味しいものを食べたり、自分をうんと甘やかしてあげてください。そして英気を養ったら、強い心と体で夫婦関係を修復していってください

 

これまで、旦那の浮気が発覚したらやるべきことをお話してきました。もうお気づきと思いますが、浮気解決とは、自分と向き合うことです。

 

あなた次第で、旦那さんは浮気相手のところへ行くか、家庭に戻ってくるかを決めます。

 

 

☆旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事