旦那の浮気を見抜く方法

最近、旦那さんの行動が怪しいですか?

 

帰りが遅くなったり、休日出勤が増えたり、緊急の出張が増えたり、スマホを肌身離さず持っていたり、態度が冷たかったり・・・。

 

こんな怪しい行動が続けば、浮気を疑いたくなるものです。疑う気持ちが出てきたら、白黒つけたくなるもの。そして、もし浮気しているのなら、きっちりと見抜きたいもの。

 

今回は、「浮気を見抜く」について、あなたの疑問にお答えしていきましょう。

 

 

見抜く方法はたくさんある

確実に見抜くには

旦那さんの浮気を見抜く確実な方法は、ずばり本人の口から「浮気しました」と吐かせることです。ですから「浮気かも?」と疑った時、ほとんどの人が後先考えずに、旦那さんに問いただそうと考えます。

 

しかし、何の準備もなく旦那さんに問いただしても、欲しい結果は得られません。だいたいすぐに「はい、浮気しています」という旦那さんは滅多にいませんのでね。ほとんどの人が確実に吐かせるために、証拠を準備しなくてはと考えます。その証拠があいまいだと、ぬらりくらりとかわされてしまう可能性があります。うまく逃げられてしまうと、あなたの疑いの気持ちはますます収まらないことでしょう。

 

そのために、あなた自身が旦那さんのケータイや持ち物をチェックしたり、探偵を雇って確実な証拠を集めるのですね。

 

これがいっぱいだと浮気確定

先ほども言いましたが、浮気を確定したかったら、証拠を集めて旦那さんの口から「浮気しました」と言わせるのがベストです。これ以上の方法はありません。しかし証拠がなくても、旦那さんの日常生活の中に兆しは結構あるものです。

 

どんな変化があると浮気なのかをリストアップしました。

・会話が減った

・言葉遣いや態度が冷たくなった

・帰宅時間が遅くなった

・出張回数が増えた

・休日の外出が増えた

・ケータイを触らせない

・ケータイにロックをかけた

・家の中でもケータイを肌身離さない

・パソコンにパスワードを設定した

・今までと違う香りがする

・セックスの習慣が変わった

・セックスの回数が減った

・洋服の趣味が変わった

・車に見知らぬ髪の毛が落ちていた

・助手席のシートの位置が変わっていた

・クレジットカードの請求書を会社宛にした

・急にプレゼントを買ってくるようになった

・妻の旅行や外出を嫌がらなくなった

・自分に都合が悪いことを怒ってごまかす

 

どうですか?

当てはまることがかなりありますか?

 

当てはまることが多ければ多いほど、浮気は黒です。しかし、たとえ黒と認定しても、すぐに旦那さんを責めてはいけませんよ。その理由は後ほど。

 

妻の第6感

浮気を見抜くには妻の第6感もかなり重要です。女性の第6感って、他の場面でも結構当たっていることがあります。しかし、直感だけに頼って、とんでもない事態になった人もいるので、これだけに頼るのは気を付けてくださいね。

 

こんな事例がありました。

 

旦那さんの帰宅時間が遅くなる日が増え、ケータイをのぞき見したら同じ女性からのメールがズラリ。これはもう浮気に違いないと旦那さんを責めまくったら、本当に浮気に発展してしまったのです。この相談者が旦那さんのケータイを見た時は、仕事上の問題を抱えた上司と部下という関係だったのに、不倫関係にしてしまったのは相談者自身ということです。

 

 

なぜ浮気を見抜きたいの?

浮気を確定する理由

さて、ここからが本題です。

 

あなたは旦那さんの浮気をなぜ見抜きたいのですか?

 

ほとんどの人がこう答えるでしょう。「事実を知りたいからです」と。

 

では、事実を知って浮気が確定したらどうしたいのですか?

 

ここをしっかりと考えて行動しないと、気持ちと行動がチグハグになってしまって、あなたが望まない結果になってしまう可能性があります。

 

修復したいのか

離婚なのか

 

どちらが良いとか悪いとかという問題ではありません。あなたがどちらを選びたいか、ご自分の気持ちに従えばいいですね。正反対の方向性ですので、するべきことが違ってくるのは当然です。

 

このブログは、旦那さんが浮気をしていても、ラブラブな夫婦を目指す人のためのブログです。もし、「こんな男はもういらないわ」という結論が出たのなら、あなたにとってもっと有益な記事は他にたくさんあると思いますので、そちらを参考にされるといいでしょう。

 

じつは、浮気をやめさせるのに事実を明るみに出す必要はありません。旦那さんの行動や妻の第6感で「浮気かな?」と思ったら、それで十分です。次に目を向けるのは、目を向けるのは旦那さんが今やっていることではなく、夫婦の関係です。「私たち夫婦って、仲のいい夫婦かな?」こんな疑問を持つことです。

 

旦那さんが浮気している夫婦で、心が繋がっていてお互いを尊重しあっている夫婦はまずいません。そんな夫婦は、浮気なんてできません。

 

何度も言います。大事なのは、自分たちの夫婦関係は厳しい状況になっていたことに気づくことです。そのきっかけが「浮気かな?」と疑うのでいいですよ。ただし、浮気が黒だろうが白だろうがグレーだろうが、それは問題ではないということです。

 

浮気をやめさせたかったら、自分たちの夫婦関係を改善するのが一番です。遠回りのように聞こえますが、じつはこれが一番の近道なのです。

 

問いただしたときの旦那さんの反応

そうは言っても、どうしても旦那さんに問いたださなくてはいられない衝動にかられることはあるものです。問いただしちゃった場合の予想される旦那さんの返答は二種類。事実を認めてイエスか、しらばっくれてノーですね。あなたにとっては、どちらの答えも辛いです。

 

イエスの場合。

 

「はい、他に好きな人がいます。体の関係もあります」

 

中にはこんな風に正直に答えてくれちゃう旦那さんがいます。もしこんなことを旦那さんから聞かされたら、冷静でいられる人はいないはず。たいていの場合、思いっきり自分の感情をぶつけます。泣いたりわめいたり、旦那さんを責めまくったり。あるいは淡々と自分の正論をはいて、旦那さんがどんなに悪いことをしているのかを認めさせようとするかもしれません。

 

さて、ノーの場合。

 

「浮気なんてするはずないじゃないか!」

 

明らかな証拠があるにも関わらず否定し続ける旦那さんもいます。疑われたことに対して、逆切れするかもしれません。そんな旦那さんは、証拠を集めたあなたの行為を、反対に非難します。ほとんどの場合は、自分を守りたいために嘘をつくのですが、事を荒立てずに終わらせたいために嘘をついてくれるのかもしれません。

 

問いただすときは、どんな答えが返って来ても冷静でいられる自分を作り上げてからにしてくださいね。問いたださないのが一番いいのですけどね。

 

確定してからの行動

旦那さんに問いたださずに浮気が確定したとします。たとえば、決定的な証拠をつかんでしまったとか。この場合、次に選ばなければいけないのは、あなたが浮気の事実を知ったということを旦那さんに伝えるかどうかです。

 

ほとんどの人は、何も考えずに旦那さんに知っていることをすぐにぶつけます。大まかな数字ですが、相談者の9割ぐらいの人が、旦那さんとのバトルが勃発してから相談室にいらっしゃいます。

 

残り1割ぐらいの人は、浮気が確定しても自分の胸の中にしまっておいて、私のところにいらっしゃいます。どちらが早く浮気が終わるか?それは一目瞭然。胸にしまっておいた人です。

 

もし、旦那さんとラブラブな夫婦になりたいと願っているのなら、浮気が確定しても次の行動は慎重に。

 

でも、もうすでにバトルを起こしてしまった人もがっかりしないでください。相談者の9割は大変な状況を作ってしまってから相談室にいらっしゃいます。でも良い結果を作り上げて卒業されますのでね。

 

浮気していると嘘が多い

もしかするとあなたは、旦那さんに嘘をつかれていると感じて、浮気を疑い始めたのではありませんか?浮気している旦那さんは必ずと言っていいぐらい嘘をつくものです。それはそうでしょう?

 

「今から出かけてくるね。浮気相手と会うんだ。楽しみ~」

 

なんていうはずがありませんものね。

 

「今日は休日出勤なんだ」

 

と嘘をついて、シャワーを浴びて、いつもより丹念に髪を決めて、派手目のシャツなんか着て出かけるものです。

 

旦那さんの嘘はすぐわかる

男の人は嘘が下手だと思いませんか?男性の嘘はすぐにわかるもの。わが家は夫と息子二人の4人家族でしたので、私以外は男ばかり。彼らの嘘が分かりやすすぎて、笑ってしまったものです。3人とも「今から嘘をつきますよ」と表現してから嘘をつきます。

 

まずは視線。目が泳いでいます。視点が定まりません。あるいは、いっさい目を合わせません。そして、多動です。いつもより落ち着きがなく、ゴニョゴニョと動いています。それと、いつもより余分な言葉を付け加えます。そんなこと付け加えなければ怪しまれないのに、なぜか言葉を増やしてしまいます。余計なことをいっぱい言うことで、嘘を薄めようという心理が働くのでしょうか?

 

他にも、いつもと違うことを色々してくれるので、ありがたいことに嘘をついているなとすぐにばれます。

 

うちの主人は出張なのか浮気旅行なのか嘘をつくのがとっても下手でした。行く前からうすうす気づいてはいますが、帰ってきてからの行動で確定してしまいます。主人は、身の回りのことはほとんど私に任せていました。旅行の支度は自分でしますが、家族旅行や出張から帰ってきたら、スーツケースはほったらかし。中身もスーツケースも、私が片付けます。

 

しかし、浮気旅行の時だけは違います。帰ってきて10分もしないうちに、洗濯物は洗濯機のところに、着なかった服はタンスに、旅行用品は元のところに、そしてスーツケースまでちゃんと納戸に戻してあるのです。分かりやすすぎでしょ。要するに、後ろめたい旅行に行った形跡をゼロにしたいのですね。

 

嘘をつくときは、嘘がばれないための行動をします。注意して見ていると、面白いかもしれませんよ。

 

嘘をつくのはなぜ?

人間は誰でも嘘をつきます。あなただって生まれてから一度も嘘をついたことはないなんて言いきれませんよね。私もそうです。でも、浮気している旦那さんの嘘は問題の大きさが違います。その奥に隠れている事実があなたの人生を左右するぐらい大きな問題だからです。

 

人間はなぜ嘘をつくのでしょうか?

 

自分を守るため

相手を守るため

両方を守るため

 

おそらく旦那さんの嘘は両方を守るためでしょう。あなたにとっては「両方」だなんて思えないかもしれませんね。「守っているのは自分だけよ」と思いたい気持ちはわかります。

 

ある相談者のお話を聞いてください。このご夫婦は結婚当初から何でも包み隠さず話をしていました。旦那さんは、姉さん女房の彼女にアドバイスを求めてくることも度々ありました。そんな中、彼女の旦那さんは浮気をし、発覚しました。発覚するまでは嘘をついて隠していました。ところが発覚したとたんに、何でも話す習慣が戻ったのです。

 

浮気相手と会って帰ってくると、相手とどんなことをしたとか、相手が抱えている問題を一緒に考えてほしいとか、いろいろ話してきます。彼女は、「隠されるよりは事実を知りたい」と考え、毎回丁寧に聞いて相談にも乗りました。でも、心は痛んでいました。とっても辛かったそうです。当然ですよね。

 

当相談室のやり方ですと、浮気相手と会って帰って来ても、旦那さんを責めたりせずに、何も気づかないふりをして家に迎え入れることをお勧めしています。

 

ですので、浮気相手とのことは、黙っていてほしいものです。彼女には、こう申し上げました。「浮気相手の話をされるのは辛いとちゃんと伝えましょうね」と。

 

こういう事例は非常にまれですが、あります。浮気している旦那さんの嘘は、自分のためだけではなく、もちろん浮気相手のためでもありますが、あなたのためでもあります。浮気を解決したいと思ったら、旦那さんが嘘をついているかどうかに着目するより、もっと大切なことに意識を向けなければいけません。

 

嘘をつかれたときの対処法

旦那さんが嘘をついていると分かったら、あなたはどう対処しますか?たとえば、浮気している事実を知って、旦那さんに問い詰めた時。

 

「浮気なんかしてるわけないだろ!」

 

こんな答えが返ってきたら、嘘は明白ですね。

 

「嘘つかないで!」

 

こんな風に旦那さんの言葉を否定して、ケンカを売ることになってまうかもしれません。「だまされている」「裏切られている」と悲しい気持ちにもなるでしょう。

 

嘘をつくには理由があります。悲しい気持ちになりながらも、嘘をつかなければならない旦那さんの思いにも意識を向けてくださいね。

 

そして、冷静にこう返してください。

 

「そうなのね。でも、もし浮気していたら、私悲しいわ。だってあなたのことが大好きなんだもの」

 

こう言えたら、浮気解決はスピーディに進みます。

 

 

浮気解決は気づくことから

気づくのが大事

まず旦那さんの様子が「何か変だな」と気づくのはとても大切です。気づかなければ何も始まりませんのでね。何も気づかずに、ある日突然旦那さんから「離婚してください」なんて言われる相談者もいます。これはショックが大きすぎまし、修復はかなり困難ですので、避けたいものです。

 

16年間も旦那さんに愛人がいることに気づかずに生きてきた相談者がいました。旦那さんは60代、彼女は50代でした。旦那さんに浮気相手がずっといたこの16年間は不幸だったかというと、そうでもありません。決してラブラブ夫婦ではないけれども、「長年連れ添った夫婦なんてこんなもの」という感じ。

 

しかし、発覚してからは違います。ものすごく苦しみました。16年間も気づかなかった自分を責めました。そして、マニュアル「夫の浮気・解決法」をしっかりと実践しました。

 

すると、なんとたった3か月で16年間続いた浮気相手ときっぱりと別れてくれたのです。

 

「これからは君と二人で君の行きたいところに行ったり、君のしたいことを一緒にしたい」

 

こんな風に言ってもらえました。彼女は16年も経って旦那さんの変化に気づきました。

でも気づいたのです。そして、修復のための行動を実践したのです。まずは気づくことですね。

 

何に気づくの?

先ほども言いましたが、気づくってとっても大事。夫の浮気相談室は、旦那さんの浮気に気づいた方々がやって来ます。でも、本当に気づいてほしいのは、旦那さんが浮気していることではなくて、夫婦関係が破たんしていることなのです。

 

「旦那さんが浮気しているかも?」と思った時、自分たちの夫婦関係は良いか悪いかに意識が向く人は残念ながらあまりいないようです。夫婦関係がめちゃくちゃ良いのに旦那さんが浮気することは滅多にありません。夫婦関係がギクシャクしていたから浮気は始まったと思っていいです。

 

浮気が始まった原因は、旦那さんの問題かもしれません。あなたの行動に原因があったのかもしれません。少なくとも、変化していった夫婦関係について、二人とも話し合って改善しようとしなかったことは確かですね。

 

気づいたらするべきこと

夫婦関係が破綻していることに気づいたらするべきことは、二通りあります。この人とはもうやっていけないと「離婚」を選択するか、また愛し合いたいと「修復」を選択するかです。

 

「離婚」か「修復」

 

どちらが良いとか悪いとかいう問題ではありません。あなたがどちらを選びたいかが大事です。自分の気持ちと十分に向き合って結論を出せばいいですね。

 

修復したいと答えが出た人は、私たち夫の浮気解決カウンセラーは、大変お役に立ちます。

 

旦那さんの浮気を見抜く方法について書きましたが、大事なのは浮気している事実を明るみに出すことではなく、夫婦関係が破綻していないかどうかを明るみに出すことだということ。旦那さんの浮気が発覚したとき、視点を旦那さんと浮気相手の関係ではなく、旦那さんと自分の関係に向けることができた人は、いち早く解決できます。

 

そのやり方については、こちらのブログにも書いていますので、お役立てください。

 

夫の浮気をやめさせる方法

 

米国NPL協会認定マスタープラクティショナー

非営利・一般社団法人日本愛され妻協会 会長

著書『50年後も愛され妻でいられる方法』つた書房

15年前より浮気相談を開始、年間700件以上のカウンセリングをし、修復を目指す妻たちを強くサポートしている。

よく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事