不倫は不倫、罰は必要?

こんにちは、旦那さんの浮気を解決して、あなたを愛され妻にする「夫の浮気相談室」の金田秀子です。

 

夫の不倫はどんな形でも、不倫は不倫です。「不倫をした旦那さんに罰は必要ですか?」といったお問い合わせをよくいただきまが、答えは「必要ではありません」

 

罰を与えるとどうなるか

彼女からのメールを嬉しそうにみている。LINEを使って楽しそうに会話をしている。旦那さんが、彼女と手を繋いでデートをしている。夫が浮気相手と男女の関係を持った。などといった妻とは別の女性と行動をしている。このような夫の不自然な行為をみて、あなたがこれは不倫!と思えば、不倫です。

 

そんな風に、妻を裏切ってしまった旦那さんに、罰は必要でしょうか?もし、あなたならどんな罰をあたえますか?

 

「旦那さんになりきって、浮気相手にメールを送る」
「夫の携帯電話をこっそりのぞき見する」
「旦那さんが浮気相手とデートできないように、おこづかいを減らす」
「旦那さんに、『あなたの浮気は知っているのよ』と伝えるために、浮気相手との証拠を掴みにい」

 

じつはこれ、すべて罰のように見えますが、この中のひとつでもやってしまうと、旦那さんの気持ちはあなたのほうへ向かうどころか、どんどん浮気相手のほうへ向いていってしまいます

 

旦那さんに、このような罰を与えようとしている時のあなたは、どんなでしょうね。決して、いい顔はしていませんね。それに、手間や時間もかかりますし、あなたの心に残る負担が大きいはずです。

 

どんな手間や負担がかかるのかをひとつひとつ見ていきましょう。

 

「旦那さんになりきって、浮気相手にお別れメールを送る」「夫の携帯電話をこっそりのぞき見する」

このふたつは、別々の事柄にみえますが、共通している部分があるので一緒にみていきます。

 

まず、ひとつめの旦那さんになりきるためには、旦那さんの使っている携帯電話が必要になりますね。今の時代では、パソコンなどに転送してメールを送ることもできますが、結局のところ、旦那さんの浮気相手のメールアドレスを知るためには、旦那さんの携帯電話が必要になってきます。

 

つぎに、ふたつめの携帯電話ののぞき見ですが、これをやるためには、旦那さんが携帯電話を使用していない時に限りますね。さらに、他人に見られては困る可能性がある場合は、携帯電話にロック機能を付けていることもあります。携帯電話を肌身離さず持ち歩いているようではなかなかチャンスがやってきませんし時間もかかります。それに、いつその時がくるのかもわからないので、常に旦那さんを監視していなくてはなりません。とても手間がかかります。

 

旦那さんの携帯電話があなたの手にはいり、のぞき見できたとしても、それを知った旦那さんはあなたのことをどう思うでしようか?勝手に携帯電話を見られて不信感を抱いているでしょうね。

 

「旦那さんが浮気相手とデートできないようにおこづかいを減らす」

おこづかいを減らしたところで、デートはできなくなるでしょうか?お金などなくても、デートをする方法はいくらでもあります。ですので、おこづかいを減らしてもあなたが期待する効果は得られません。

 

逆に、おこづかいを減らすと、旦那さんにとってあなたが「自分の自由を制限する人」になります。旦那さんがこの思いを持っていると、修復はできません。

 

「旦那さんに『あなたの浮気は知っているのよ』と伝えるために浮気相手との証拠を掴む」

証拠を掴むために、探偵などを雇ったり、携帯電話ののぞき見をする行動は旦那さんからの信用を無くす上に、時間や手間がかかります。

 

さらに、探偵などに調査依頼をした場合は、お金もかかります。それに、掴んだ証拠を突き付けたとして浮気相手と無理やり別れさせたとしても、ご主人が必ずあなたのもとへ帰ってくるとは限りませんし、浮気相手に未練が残ってしまう可能性もあります。

 

こんな風に、不倫している旦那さんと浮気相手の仲を無理やり引き裂こうとするよりも、旦那さんとあなたとの仲を修復に向けたほうが、ずっとずっと効率よく時間を使えるし、手間もかかりません。それに、旦那さんを傷つけることがないので、あなたのほうへふりむかせやすくなりますよ。

 

罰を与えるというのは自由を奪う行為

「悪いことをした人は罰を受けなければいけない」というのは、多くの人が抱えている思いです。

 

ただ、あなたが罰を与えることはありません。だってあなたは旦那さんと修復したいのですから。

 

もしあなたが、何かミスをしてしまって、罰を与えられたとします。その、罰を与えてきた人を大好きになれますか?愛せますか?

 

旦那さんと修復をしたいのであれば、あなたは罰を与える人にならないでくださいね。罰を与えたら、旦那さんからの愛は得られませんから

 

☆旦那さんとの愛をひとりじめ☆を応援していますよ

よく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事