旦那さんを浮気相手から取りもどし50年後も愛される妻になる365日無料メール講座『浮気解決の近道』

旦那さんを信じる方法

こんにちは、旦那さんの浮気を解決して、あなたを愛され妻にする「夫の浮気相談室」の金田秀子です。

 

「旦那が浮気している!」そう察知したのですね。

 

そして、次に何をしたらいいか迷っているのですね。それは迷うことでしょう。

 

だってネットを見ると、旦那さんの浮気を解決する方法は色々なやり方が出てきますのでね。

 

しかも正反対のことを言っている場合もあります。

 

大きく分けると次の二種類のやり方があります。

 

①倫理的に間違っていることに気づかせて、元の関係に戻る方法
②一から愛情を注いで、新しい関係を築く方法

 

 

夫の浮気相談室のやり方は②です。

 

①は短期間で結果が得られるかもしれません。

 

でも、あなたは元の鞘に戻ればいいのですか?

 

元の鞘に戻ったら、旦那さんに愛してもらえますか?

 

倫理観や責任感に訴えたり、誓約書を書かせたり、自分の行動を支配するあなたを旦那さんは愛してくれるでしょうか?

 

 

あなたが本当に欲しいのは、心から愛し合う夫婦ですね。

 

でしたら②のやり方が一番近道です。

 

相談者の中には、すぐに結果を出す人もいますよ。

 

 

相談者のJ子さんのお話を聞いてください。

 

ご本人の了解はいただいています。

 

 

去年の夏、旦那さんのケータイを見て、問い詰めてしまったJ子さんは、そのとき旦那さんにこう言われました。

 

「もう一緒にいられない、離婚だ!

 

その後問い詰めはしなかったのですが、今年の4月にもまたこう言われました。

 

「離婚の意思は変わらないから」

 

J子さんの旦那さんは、今年の3月から単身赴任で離れて暮らし始めました。

 

メールは用事があるときしかしないので、心は離れるばかりです。

 

そこで、5月の中旬に当相談室に相談されました。

 

 

旦那さんは5月末に赴任先から3日間帰宅する予定でした。

 

単身赴任になってから初めての帰宅です。

 

J子さんは、「離婚を進めてくれ」と言われるのではないかとビクビクしていました。

 

私は、旦那さんが帰宅するまでの10日間でするべきことをお伝えしました。

 

すると、帰っていらした旦那さんは、なんか良い雰囲気。

 

お互いに笑顔で、しかも近くで目を見ながら会話ができたのです。

 

子どもと少し距離をとっていたのに、旦那さんは子どもにも自分から話しかけていました。

 

そして、浮気を問い詰めて以来、旦那さんがこわいと感じていたのに、J子さんは付き合っていた頃のように、胸が高鳴って、ドキドキしたそうです。

 

素敵ですね。恋する乙女です。

 

以前は家を売りたいと言っていた旦那さんが、「ローンの借り換えをしなくちゃね」と言いました。

 

これは大きな変化ですね。二人が同じ未来を見ています。

 

 

単身赴任先に泊まりに行きたいというJ子さんの思いは、これまでは却下されていたのに、夏休みに子どもたちと遊びにおいでと言われました。

 

これらの変化は、たった10日間で起きたのです。

 

いいえ、「起きた」のではなく、J子さんが変化を「起こした」のです。

 

 

J子さんは、10日間、愛情あふれるメールを送り続け、旦那さんとの新しい関係を手に入れました。

 

 

あなたも、「旦那が浮気している!」と分かったら、つぎはどんな方法で解決していくかを決めましょうね。

 

どっちつかずだったり、途中で揺れ動くのが一番いけませんよ。

 

 

☆旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。