浮気している旦那と会話がない

こんにちは、旦那さんの浮気を解決して、あなたを愛され妻にする「夫の浮気相談室」の金田秀子です。

 

旦那さんが浮気していると、夫婦の会話は当然ながら減ります。相談者の中には、毎日家には帰ってくれるけど、全く会話がないという方がいました。

 

では意思疎通はどうやっていたのでしょうか?

 

それは、スマホです。同じ屋根の下にいるのに全てのやり取りをメールでやっていたのです。大事な事も全部メール。スマホ全盛の現代ならではのコミュニケーションですね。

 

そんな会話ゼロの夫婦でも、取り組み方次第では少しずつ会話ができるようになります。実際にこの相談者は、会話ができるようになっただけでなく、夫婦関係を見事に修復し、セックスレスも解消し、二人目の赤ちゃんも授かりました。

 

会話を増やすために「これだけは絶対にやってね」ということがあります。

 

それは「そうだね」を言うこと。

 

「そうだね」って、相手の考えに同意する場合は、自然に出てくる言葉です。本来自然に出てくる言葉なのですが、相談者のほとんどの人が「そうだね」を日常的に言っていません。同意するときでも、うなずくだけではなく、ぜひ「そうだね」とちゃんと言ってくださいね。

 

じつは「そうだね」が大事なのは同意しているときではないんですよ。相手の意見が自分と違う時ほど大事です。

 

「え?それ違うんじゃない?」

「え?それ嫌だな」

 

そう感じた時ほど「そうだね」が必要になります。普通に考えると、同意できない時に「そうだね」は出てきにくいものです。

 

でも、同意できない時こそ意識して言って欲しいのです。

 

「そうだね」は賛成という意味だけではありません。

「わかった」という意味合いで使う場合もあります。

 

ですから同意できない場合は、「そうだね。でもね、こんな考え方もあるよ」と続けていいのです。

 

同意できない時にこんな風に言っていませんか?

 

「違うよ~!」

「ヤダ~!」

 

こう言ったとたんに相手はカチンと来て、喧嘩になるか心を閉ざしてしまいます。旦那さんと会話を増やしたかったら、日常的に「そうだね」を意識してくださいね。とくに意見が違う時ですよ。

 

☆旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。

 

米国NPL協会認定マスタープラクティショナー

非営利・一般社団法人日本愛され妻協会 会長

著書『50年後も愛され妻でいられる方法』つた書房

15年前より浮気相談を開始、年間700件以上のカウンセリングをし、修復を目指す妻たちを強くサポートしている。

よく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事