浮気している夫への年末年始の接し方

こんにちは、夫の浮気解決カウンセラーの金田秀子です。

 

早いもので、今年ももう終わりですね。大変な1年だったと思います。

 

旦那さんが浮気をしているとき、年末年始のような、いつもとペースが変わる時の接し方はとても重要です。

 

なぜかというと、下手な接し方をしてしまうと、そこで旦那さんの心が大きく離れてしまうからです。

 

そして、うまく接することができれば大きく距離が縮むかというと、そうとも限りません。

 

要するに、離れるリスクが大きく、近づくチャンスは少ない状態です。

 

どうすると離れてしまうのでしょうか。

 

ひとつは、夫が浮気相手と連絡を取っていることが気になり、不機嫌になってしまったり責めてしまったりすること。

 

浮気をしている夫も、年末年始は家にいることが多いです。ただ、やっぱり浮気相手とは連絡を取りたいので、妻の前でスマホをいじることが多くなります。妻はそれを見て気になってしまいます。責めてしまったり、落ち込んだり、不機嫌になったりします。

 

そうすると夫は居心地が悪くなりますから、また心が離れてしまいます。

 

また、年末年始は夫が嫌がる妻の行動が多くなるときでもあります。

 

年末年始はGWなどの大型連休と違って、大掃除やら新年の挨拶やらなんやらと、やるべきことが多くなります。ですから、妻が自分のペースで進めてしまったり、夫を急かしたり命令したりしてしまうことが多くなります。

 

そうすると、夫は妻に対して「だからお前といると嫌なんだ」という思いを抱いてしまいます。

 

旦那さんが浮気相手と連絡を取っていたり、やるべきこともせずにダラダラとしているのを受け入れろとは言いません。

 

でも、それを指摘したり責めたりすることで起こる旦那さんの気持ちの変化を十分に意識して接していってください。

 

最初に、年末年始は旦那さんの心が近づくチャンスが少ないと書きましたが、もし休みの間に旦那さんと過ごしていて、旦那さんが「家でゆっくり過ごすのも悪くないな」と少しでも思ったら、それは心が近づくチャンスです。

 

やらなければいけないことや、旦那さんの行動に捉われないで、旦那さんの気持ちをしっかり考えながら、接していってくださいね。

 

旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。

米国NPL協会認定マスタープラクティショナー

非営利・一般社団法人日本愛され妻協会 会長

著書『50年後も愛され妻でいられる方法』つた書房

15年前より浮気相談を開始、年間700件以上のカウンセリングをし、修復を目指す妻たちを強くサポートしている。

よく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事