不倫する旦那の気持ち

こんにちは、旦那さんの浮気を解決して、あなたを愛され妻にする「夫の浮気相談室」の金田秀子です。

旦那さんの不倫が発覚すると、ほとんどの方が不倫されて自分はどんなに辛いかに思いがいきます。当然です。だって、本当に苦しいんですもの。私も経験者ですので、すごく良く分かりますよ。

 

そして、次は、

「なんで不倫なんてするのか分からない」

「不倫する旦那さんの気持ちってなんなの?」

こんな風に考えます。

 

相談者の言葉や、問い合わせの中に、この「旦那さんの気持ちが分からない」というのはよくあります。

 

「妻の私を裏切って他の女のところに行って、許せない」

 

と、怒りを覚える人も多いですね。

 

では、旦那さんにとって、不倫はとっても楽しくてハッピーなことなのでしょうか?

 

実は、そうとも限りません。

 


不倫をする旦那さんの気持ち

多くの妻にとって、不倫は理解できない行動です。「オスは自分の種をばら撒きたいから特定の相手におさまらない」なんて言われても、「人間としての理性があるでしょう?」と思うし、そもそも不倫しない男性もいるわけだから、生物学的になんて言われても納得できません。ですから、理由を知りたいと思います。不倫したい、不倫しよう、不倫を続けようと思う理由ですね。

 

でも、その前に、そもそも旦那さんは不倫すること自体をどう思っているでしょうか?

 

不倫は楽しいか?

妻から見たら、不倫している旦那さんは、遊んでいるように見えます。妻を裏切り、自分だけ楽しく自由な恋愛をしているように見えます。

 

けれども、実は不倫しているほとんどの旦那さんは、罪悪感を抱いています。

 

「本当はこんなことをしてはいけないのは分かっているんだけど」

 

と思いながら不倫をしています。楽しくてハッピーに不倫をしているわけではないほうが、実は多かったりします。

 

不倫をするリスクを旦那さんはわかってる

不倫のリスクというものもありますね。

 

≪法的・社会的なリスク≫

  • バレたら社会的に大きな損失がある
  • 慰謝料が高額
  • 親族の間で立場が悪くなる

 

≪精神的なリスク≫

  • 不貞行為であること
  • こそこそしないといけない
  • 自分が既婚者である以上、どうしたって相手を幸せにできない

 

不倫をする男性は、多くの場合、このリスクも把握してます。たまに「分かってなかった」なんていう方もいますが、多くは分かっています。

 

そのリスクを負ってでも奥さん以外の人を愛したい

不倫が罪悪感と感じながらするもの。不倫には大きなリスクが伴う。これらを理解している男性が大半を占めます。

 

「それなら、不倫なんてしなければいいじゃない?」

 

と思いますよね。これらのリスクを負ってでも不倫をしたいと思う状況が、男性にはあります。それは、夫婦関係の悪化です。

 

夫婦関係に満足できず、その満足できない部分を補完するために、他の女性を求める。それが、旦那さんが不倫をする一番の理由です。

 


旦那さんが不倫をはじめる2パターン

旦那さんが不倫をはじめるとき、大きく分けて2パターンあります。

 

奥さんから逃げるようにはじめる不倫

相手の女性を好きになってはじめる不倫

 

人によっては、前者を「浮気」、後者を「本気」なんて言いますね。

 

どちらも解決のためにすることは同じです。旦那さんが何に不満を持っていて不倫をはじめたかを考え、そこの行動を変えるだけです。

 

「相手の女性を好きになってはじめる不倫は、奥さんに不満なんてなくてもはじまるのではないか?」

 

と思われる方も多いと思います。けれども、その場合でも、よく考えてみると、やはり奥さんへの不満がある場合がほとんどです。奥さんに全く不満がなかったら、わざわざ罪悪感とリスクを負ってまで他の女性に目を向ける必要はありませんから。

 

ですから、もう少し詳しく説明すると、

 

奥さんから逃げるようにはじめる不倫=奥さんへの不満が溜まりに溜まって、自分から他の女性に目を向ける不倫

 

相手の女性を好きになってはじめる不倫=奥さんへの不満が少しあって、そのときにちょうど意気投合できる女性と出会ってしまった不倫

 

といった感じです。

 

どちらのほうが解決しやすい、というのはありません。ケースによります。

 

前者の場合、奥さんへの不満が溜まっていても、旦那さんに奥さんへの愛情が残っていればすぐに解決しますし、愛情が少なければ時間がかかります。愛情が残っておらず、何をしても無駄、というケースも残念ながらあります。

 

後者の場合、奥さんへの愛情もあるけれど、浮気相手のことも愛していて、旦那さんが板ばさみになることが多いです。浮気相手と別れる決断がなかなかできない旦那さんは、解決まで少し時間がかかりますが、どこかでしっかりと浮気相手と別れて戻ってきてくれることがほとんどです。

 

あなたの旦那さんはどのパターン?

「うちの旦那さんはどちらのパターンだろう?」

 

気になりますよね。こちらのリストで、あなたがどれくらい当てはまるかを確認してみてください。当てはまる項目が多ければ多いほど、あなたの旦那さんが「あなたから逃げるように不倫をはじめた」可能性が高くなります。

  • 旦那さんのやり方を正すことが多い
  • 旦那さんにこづかいを増やしてくれとよく言われる
  • 「小言が多い」「人の話を否定するな」と言われたことがある
  • 旦那さんが、昔はよく話していたのに無口になった
  • 旦那さんの家事のやり方をたびたび注意する
  • 旦那さんが挨拶をしなくなった
  • 旦那さんが自分に反論しなくなった
  • 旦那さんから話しかけてこなくなった
  • 一緒に出かけようとしない
  • ここしばらく旦那さんの笑顔を見ない
  • 自分も旦那さんに笑顔を見せていない

 

どのくらい当てはまりましたか?たくさん当てはまる方は、旦那さんの愛情が空っぽになってしまう前に、しっかりと自身の行動を見直してくださいね。

 


旦那さんが持ちやすい不満

旦那さんがどんな不満を持ちやすいか、代表的なものをいくつかご紹介します。

 

自由がない

「自由がない」と感じる旦那さんは少なくありません。というか、とても多いです。例えば、仕事の帰りにどこかにでかけるとき、それを必ず報告しなければならなず、また帰ってきたらどこで誰と何をしてきたかをきっちり報告しなければならない、なんていう状態は、旦那さんには「自由がない」状態です。

 

妻からしてみたら、「夫婦なんだから知って当たり前」と思うかもしれませんが、旦那さんにしてみると、「全ての行動を管理・監視されている」のと同じです。

 

また、例えば休みの日、「仕事で疲れているから今日はゆっくり休もう」と思っているときに、妻に「休みの日くらいどこか連れてって!」と言われ、無理矢理外出させられたら、やはり旦那さんは「自分には休む自由もないのか」と不満に思います。

 

他にも、自由への不満によくあるのは、「旅行計画の場所を妻が勝手に決める」「家計のためと、お小遣いを満足にもらえない」などがあります。

 

人は、自由がないと感じると、自由への欲求がどんどん高まります。支配、コントロール、管理、監視、など、旦那さんを束縛する行動は、妻にとっては旦那さんを引きつけておくためにとってしまう行動ですが、旦那さんからしてみたら、逆効果です。束縛すればするほど、旦那さんは自由を外に求めるようになります。

 

認めてくれない

男女問わず、人には承認欲求というものがあります。そして、自分の承認欲求を満たしてくれる人を好きになり、逆に自分のプライドを傷つける人を嫌いになります。

 

相手の承認欲求を満たす行動には、例えばこんなものがあります。

 

  • ほめる
  • 高く評価する
  • 感謝する
  • 意見を聞き入れる

 

相手のプライドを傷つける行動は、これです。

  • 馬鹿にする
  • 低く評価する
  • 意見を却下する

 

長い間夫婦として接していると、だんだんほめたり、感謝したりするのを忘れていってしまいます。また、知人や親戚の前で、旦那さんのことを小ばかにしたりすることもでてきます。旦那さんは、それをはっきりと嫌と言いません。旦那さん自身も気づかないうちに、ほめてもくれず、感謝もしてくれず、謙遜のためとは言え自分を小ばかにする妻への気持ちが冷めていきます。

 

旦那さんと付き合い始めた頃、もしくは旦那さんと結婚したばかりの頃は、こんな風な言葉をよく言ってませんでしたか?

 

「愛してる」
「こんなことできるなんてさすがだね」
「あなたは能力があるから、すぐに出世するよ」
「あなたの言うとおりだね」

 

いいところ、感謝していること、評価していることは、言葉や態度にして伝えなければ伝わりません。思っているのに伝わっていないなんて、もったいないですよね。さらにそれが、旦那さんの心が離れる原因になっていたとしたら、本当にもったいない。感じていることはどんどん伝えるようにしてくださいね。

 

いつもないがしろにされる

これは、子供ができた夫婦にありがちな不満です。いつもいつも、子供を一番にしていませんか?

 

赤ちゃんは手間がかかるから、自分のことは自分でできる旦那さんのことは後回し。
幼い子供は話が通じなくて大変だから、きちんと話ができる旦那さんは後回し。
子供はまだ未熟だから、立派な大人の旦那さんは後回し。

 

こうやって、子供を優先にして旦那さんのことを後回しにしていたらどうなるでしょうか?

 

旦那さんは面白い訳ないですよね。子供ばかりを優先して、旦那さんの心が離れるというは、本当によくある話です。

 


 

これ以外にも旦那さんの不満はあります。けれども、よくある不満を3つあげるとしたら、この「自由がない」「認めてもらえない」「ないがしろにされる」になります。あなたも、旦那さんとどんな風に接しているかを思い出しながら、この3つに当てはまることをしていないか考えてみてくださいね。

 

不満以外で見落としがちな要素

旦那さんが不倫をはじめるとき、環境も影響があります。

 

例えば、旦那さんの職業です。お医者さん、経営者、芸能人、芸術家など、女性と接する機会が多かったり、ステータスが高かったり、女性の憧れの的になることが多い職業は、浮気が起こりやすい職業です。

 

ただ、浮気のハードルは下がりますが、みんなが必ずするわけではありません。これらの職業でも、夫婦関係が十分に良い場合は妻だけを愛するということがほとんどです。

 

旦那さんの性格は?

色んな女性と浮気していたり、ずっと絶え間なく浮気が続いている状況だと、旦那さんがそういう性格なのかと思ってしまいがちです。

 

「うちの旦那さんは浮気性なんです」

 

と、相談に来られる方も多いです。でも、蓋を開けてみると、逃げるように浮気したケースのことがほとんどです。本当に女性が好きで、奥さんとも良好な関係を持っていながら、他の女性とも関係を持っていないと気がすまないという男性は、ほとんどいません。

 

それに、「旦那さんは浮気性」と決めてしまったら、何も解決しないです。浮気を旦那さんの性格のせいにするのは、最後にすることです。まずは、できる限りの修復をして、旦那さんとの関係を最高の状態にします。旦那さんの浮気のせいにするのはその後です。

 


旦那さんが不倫をやめるには

旦那さんが不倫をやめるには、「強制的にやめさせる」と「自発的にやめてもらう」のふたつがあります。もし、あなたが旦那さんが浮気をやめさえすればそれでいいのであれば、「強制的にやめさせる」のは、とても有効です。

 

でも、修復してよい関係になりたかったら、それではいけません。夫婦の関係にわだかまりが残るだけです。夫婦関係を良くするのがあなたのゴールの場合、「自発的にやめてもらう」方法を選びましょう。

 

上で、旦那さんが持ちやすい不満を説明しました。その逆のことをして、旦那さんに満足してもらいましょう。

 

旦那さんの自由を尊重する

旦那さんはあなたの夫でもありますが、ひとりの人でもあります。ひとりの人としての自由は、あなたが介入していい部分ではありません。旦那さんがどこで誰と何をしているのか、何にお金を使ったのか、というプライベートな部分まで介入しないようにしましょう。

 

家計や子供の教育方針など、夫婦で話し合う場合があることは、自分の言い分を聞いてもらうことがメインではなく、どうやったら旦那さんの要望に添えるかという意識を持って話し合ってくださいね。

 

仕事を認める

あなたの旦那さんは、仕事面でどこが優秀ですか?

 

それをすぐに答えられるようになってください。接客が丁寧、営業の成績がいい、ITの技術で会社の人に一目置かれている、など、必ず何かあります。

 

「うちの旦那さんはいいところなんて何もないのよ」

 

なんて言っていたら、あなたの旦那さんは、仕事を認めてもらえてないと思います。旦那さんだって、自分のことを認めてくれない人を認めたいとは思いません。特に仕事は、男性にとってとても重要なものです。旦那さんの仕事を認めれば、旦那さんもあなたのことを認めてくれて、どんどんいい関係になりますよ。

 

ほめる

旦那さんの良いところを20個書いてください。と言われたら、スラスラと書けますか?

 

20個くらいはスラスラと書けるようになってくださいね。本当は100個書いてもらいたいくらいです。

 

人は、良いところよりも悪いところに目が行くようにできています。でも、旦那さんの悪いところをいくら見たって、修復はできません。旦那さんの良いところをたくさん見つけて、たくさん伝えていってくださいね。

 

べったりしない

あなたが旦那さんのことが好きだからといって、いつもいつも旦那さんにくっついて、一緒にいようと思ったら、旦那さんにとってはうっとうしい存在になってしまうかもしれません。

 

どんなに好きでも、いつもずっと一緒にいたいと思うわけではありません。旦那さんには、奥さんと一緒ではない時間も必要です。一緒にいるときは一緒にいる時間を楽しむ、一緒ではないときはそれぞれの時間を楽しむ。それが、健全な関係です。

 


やってはいけないこと

旦那さんに浮気をやめてもらい、あなただけを愛してもらうために、これからやってはいけないことがあります。多くの人がやってしまう、やってはいけないことの一部を紹介します。

 

ムリなボディタッチ

ボディタッチは親密度が上がるというのは、誰でも聞いたことがあると思います。でもそれは、ある程度関係が良くなった人が、さらに良くなるときの場合です。関係が良くない人のボディタッチは逆効果です。

 

例えばあなたが、会ったこともない男性に突然頭を撫でられたり、肩を抱かれたりしたら、悲鳴をあげませんか?

 

今のあなたと旦那さんの関係が冷め切っているのであれば、ボディタッチは危険です。良くなってから、少しずつしていくようにしてください。

 

正論で責める

これが、一番やってしまいがちな行動です。不倫は罰せられること、社会的にもリスクが大きいこと、相手を本当に幸せにすることができないこと。こんなの旦那さんは知っています。知っていてやっています。

 

それをあなたがわざわざ伝えて、責めれば、旦那さんはこう言うでしょう。

 

「そんなだから、お前のことが嫌いなんだ!」

 

正論で責めるのだけは、絶対にやめてくださいね。

 

反省してもらう

浮気した旦那さんに罰を与えて反省をしてもらおうとする人も多いです。例えば、お小遣いを減額したり、外出を禁止したりします。これも、ますます旦那さんの心は離れます。だって、完全に子ども扱いですから。

 

罰を与える、反省させる、というのは、旦那さんをひとりの人として認めていない証拠です。旦那さんはあなたのものではありませんから、そういった思いは一切捨ててください。

 


何のために気持ちを知りたいのか

旦那さんの不倫が分かったとき、旦那さんの気持ちを知りたいと思う妻がほとんどです。でも、なぜ知りたいのかと聞かれると、その理由は「間違ってたら正さないといけない」「自分と考えが違う部分は直さないといけない」「自分がどれだけ辛いのか知ってほしい」という考えの人がとても多いです。

 

その、自分本位の考え方が、旦那さんが不倫をする原因です。旦那さんの気持ちを知ったら何をすればいいでしょうか。旦那さんを変えようとするのではなく、旦那さんの感情や考えを尊重して、できるところは自分が変わる。

 

そのために、旦那さんの気持ちを理解するようにしてくださいね。

 

 

☆旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事