私のケースは解決しますか?

こんにちは、夫の浮気解決カウンセラーの金田秀子です。

 

「うちのケースで修復することはできますか?」

 

こんなお問い合わせをよくいただきます。自分がどうなのかわからず、不安いっぱいでメールを送られるんですね。

 

けれども、残念ですが、この「修復できますか?」のお問い合わせには、どんな場合であれ「絶対に無理」とも「絶対に大丈夫」とも言えません。

 

絶望的な状態で、我々が「もう諦めたほうがいい」と言いたくなるような状況から修復された方もいらっしゃいます。逆に、本当にちょっと行動できれば修復に向かうのが目に見えている場合でも、そのちょっとの行動をしなければ修復はできません。

 

ですから、どんな場合でも、絶対に無理とも絶対に大丈夫とも言えないんです。

 

とはいえ、ある程度の基準はあります。修復が難しい順番に並べていくと、こんな感じです。

 

非常に難しい
・ご主人様が離婚に向かって動き始めている
・完全に無視されていて、一切口をきかない
・いつも不機嫌
・家にあまり帰ってこない
・子供とは仲が良いが自分とは仲が悪い
・浮気相手とも自分とも良い関係を維持している
修復しやすい

 

ご自身の状況と比べてみてください。ただし、これも絶対的な基準ではありませんので、注意してくださいね。

 

もうひとつ、実はこれが一番大切なことなのですが、「できるかな?どうかな?」という気持ちで挑んで修復できるほど、浮気解決は甘いものではありません。

 

「私のケースで修復できますか?」というお問い合わせをされる方は、そのままの気持ちでは十中八九修復できません。「私、金メダル取れるかな?」という方では金メダルを取れないのと同じです。

 

今の状況で修復できるか問い合わせたいときは「今こういう状況なのですが、どうやったら修復できますか?」と問い合わせるようにしてください。

 

本格的な細かい行動などは、じっくりお話を伺う相談でお伝えしますが、最初のお問い合わせでも、どんな方針で修復をしていけばいいかのご案内はできます。

 

落ち込みと不安でいっぱいな状況だと思いますが、前を向いてしっかり進む言葉を使うことはとても大切ですよ。

 

☆旦那さまの愛をひとりじめ☆を応援していますよ。

米国NPL協会認定マスタープラクティショナー

非営利・一般社団法人日本愛され妻協会 会長

著書『50年後も愛され妻でいられる方法』つた書房

15年前より浮気相談を開始、年間700件以上のカウンセリングをし、修復を目指す妻たちを強くサポートしている。

よく読まれている記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事